遠視の治療で視力回復Top >  遠視の基礎知識 >  遠視・乱視・近視

スポンサードリンク

遠視・乱視・近視

近視・遠視・乱視は屈折異常、正常な状態の眼は正視と呼ばれています。

近視とは、屈折力が強すぎることにより網膜の手前でピントが合う状態のことです。
遠視とは、近視とは逆に屈折力が弱すぎることにより網膜の後ろでピントが合う状態のことです。

乱視はというと、角膜表面が球形ではなく、楕円形になっていたり、歪んでいることで、屈折の度合いが異り、焦点がどこにも合わなくて、ぶれた状態で見えることで目が疲れやすい状態になります。

近視・遠視・乱視が原因による視力低下は、眼鏡やコンタクトレンズで矯正できますが、老眼などによってピントが合わなくなってきてしまうことがあります。

無理にピントを合わせようとすると、眼に負担がかかってしまい、疲れ眼になりやすくなります。


関連エントリー

遠視の治療で視力回復Top >  遠視の基礎知識 >  遠視・乱視・近視

Google

カテゴリー


人気ブログランキングへ
ブログの殿堂
ブログランキング

  • seo