遠視の治療で視力回復Top >  遠視の基礎知識 >  遠視性弱視って?

スポンサードリンク

遠視性弱視って?

近視や乱視などで視力が悪いと視力という言葉は正確には裸眼視力の事で、裸眼視力は眼鏡やコンタクトを使っていない時の視力です。

一方近視で裸眼視力1.0の人でも眼鏡やコンタクトで矯正することで、一般的には1.2くらいの視力になります。
このように眼鏡やコンタクトを使って視力を裸眼視力に対し矯正視力と言います。

弱視は、眼に視力の低下を起こす病気が無いのに眼鏡やコンタクトをした場合でも1.0以上の視力にならない状態で、矯正視力が悪いことの状態です。
子供の眼の機能は、10歳位でほとんど完成します。10歳迄に外から眼に入ってきた映像が刺激となって視神経、脳、網膜が発達し物を見て認識できるようになるのです。

なので、10歳迄の眼の成長期にちゃんとした映像が入ってこないと、成長が不完全なままになります。

近視の場合には、それでも近い映像が入ってきますが、遠視では遠くの物も近くの物もぼやけてしまいます。常にこのような場合だと、その映像が神経を通り脳まで達し、脳はそのように認識してしまいます。

そのままの状態でいると、脳にぼんやりとした映像を送る事しか出来なくなってしまいます。これが遠視性弱視なのです。


関連エントリー

遠視の治療で視力回復Top >  遠視の基礎知識 >  遠視性弱視って?

Google

カテゴリー


人気ブログランキングへ
ブログの殿堂
ブログランキング

  • seo