遠視の治療で視力回復Top >  遠視の基礎知識 >  老眼について

スポンサードリンク

老眼について

高齢の方の眼の調整力は赤ちゃんと比べると10分の1だそうです。

加齢が原因としての眼の老眼は、誰でも現れる症状なので、病気ではありません。外からの光がまっすぐ眼に届き、水晶体と角膜で2回屈折して角膜にピントがあいます。

遠くから来た光は真っ直ぐですが、近い距離から届く光は平行ではないので拡散しながら目まで届くのです。
眼は、このように近い距離からの拡散する光に対してでもピントを合わせており、近くの物を見ているというわけです。

当然、真っ直ぐな光の場合と同じ屈折力では、ピントを網膜上でしっかりとを合わせることが出来なくなります。

そこで、角膜の形を変える事は出来ないので、可変性のある水晶体を薄くしたり、厚くしたりしながら屈折力の調節をして、網膜上にピントをあわせるのです。

しかし、年齢により水晶体が調整をする力は変化します。


関連エントリー

遠視の治療で視力回復Top >  遠視の基礎知識 >  老眼について

Google

カテゴリー


人気ブログランキングへ
ブログの殿堂
ブログランキング

  • seo