スポンサードリンク

遠視の治療で視力回復について

遠視の治療法・矯正、子供・小児・幼児・赤ちゃんの遠視、近視・乱視・老眼・弱視の違い、屈折性遠視や軸性遠視などの情報満載サイト

遠視の治療で視力回復最新記事

遠視とは

遠視とは、網膜を通り越しピントを結んでしまうような状態のことをいい、
遠くの物が十分に見え、近くの物がぼやけて見えるというのは間違いで、遠視の眼は遠くの物も近くの物もぼやけて見えてしまいます。

5メートル以上も遠くの物を見ているときには、我々の目は水晶体の厚さを調整せずに見ていますが、このときに、遠視の眼は網膜の後ろにピントが合ってしまうので、遠くがぼやけて、近くはもっとぼやけて見えてしまうのです。

弱い症状の場合では、水晶体を膨らませる調整を使ってピントを合わせることが出来ますので、遠くが十分に見えます。

しかし、遠くの物を見るときよりも、近くにピントを合わせるためには、より水晶体を膨らませる必要がありますので、近くは見えにくくなってしまいます。

このように眼はいつでも「毛様体筋」を緊張させているので、「毛様体筋」には多くのストレスがかかります。

軽い症状であっても、時間がたつにつれ、調整がうまくいかなくなって進行してしまい、近くの物も遠くの物も見えにくくなってしまいます。


遠視の治療で視力回復カテゴリー項目一覧

▼ 遠視の基礎知識

● レーシック手術

● 老眼について

● 遠視性弱視って?

● 遠視・乱視・近視

● 遠視とは

Google

カテゴリー


人気ブログランキングへ
ブログの殿堂
ブログランキング

  • seo